こちらの商品のご購入は店舗でのみ承ります。
通販で購入可能な商品は、お買い物よりご覧ください。

八寸 紋織 伊右衛門間道 印度更紗

インド更紗の唐草、樹木などの文様をモチーフに風通織で織り込んだ
全通紋八寸名古屋帯です。

特徴

博多織の原型を構築したと伝えられる竹若伊右衛門にちなんだ西村織物独自の帯です。明治・大正時代に装飾品製作にとりいれられていた技巧「もじり織」を復元し、帯として再生させました。柄は名物裂や正倉院文様をベースに、比較的落ち着いた雰囲気にまとめています。もじり織による透け感と、ナナコ地の柔らかい風合いが特長です。

素材 絹100%
サイズ 巾8寸(302mm)以上 丈12尺5寸(4,725mm)以上
証紙
織元 西村織物株式会社
作本 義一 製織部門(平成20年認定)

昭和42年、佐賀生まれ。父はイカ漁師。京都で帯の卸業に従事した後、22歳で西村織物に入社。子どもの頃から機械いじりが好きで、浜辺に流れ着いたテレビなどを解体していた。織機は現在製造中止のものが多いため、工場長作本のきめ細やかな修理、メンテナンスが欠かせない。インタビューを読む

八寸紋織 伊右衛門間道 印度更紗
八寸 麻絹

作品ギャラリー

gallery

博多織献上館 にしむら

〒818-0061 福岡県筑紫野市紫7-3-5

TEL | 092-922-7128

開館時間|10:00~17:00(ご予約制)

休館日|日曜日、 祝日、第2、4土曜日

電車でお越しのお客様

JR九州 | 鹿児島本線「二日市」駅より徒歩10分

西鉄 | 大牟田線「紫」駅より徒歩10分

車でお越しのお客様

県道112号線 旭町交差点から約1分

九州自動車道 筑紫野ICから約10分